· 

宣材写真の表情、硬くなっていませんか?

 

宣材写真を撮影しに来る方はよくこういうような悩みあります。

 

「いろんな写真館で宣材写真を撮ってみましたが、表情が大体硬くなっていて、仕上がりを確認したら気に入りの写真はほとんどなく、困っています。どうしていつも表情が硬くなるでしょう。」

 

この悩みを抱えて相談しに来る方が多くいました。

 

宣材写真の撮影もウォーミングアップの時間が必要です。

このことをご存知の方少ないかもしれません。

この「ウォーミングアップ」で写真の質を決めます。

 


 

◎ 宣材写真撮影でウォーミングアップ時間なぜ重要?

 

宣材写真撮影は実は顔と体の運動であり、他のあらゆる運動と同様に、ウォーミングアップの時間が必要です。

 

撮り始めの最初の時間に、目がカメラ目線に慣れたり、顔の筋肉を柔らかくなったり、手の置く場所を探してたり、肩の力を抜いたり等、緊張のせいで張っている筋肉をほぐす時間が必要になってきます。

 

顔のどちらの半分が写真映りがよいか、体の傾く角度どのぐらいしたらよいのか、笑った方がいよいのか、笑顔を抑え格好いい表情にした方がよいのか、メイクの足りないところや色が飛んだところがあるのかも撮影した写真を入念にチェックする必要があります。

 

逆から言うと、上記の要素を未確認のまま撮影を進行していきますと、質の良い写真が出来上がる可能性はない

 

これらの要素を確認し、改善しながら撮り続けたらきっと一番優秀な一枚と出会えます。

 

 

  RSIA Photographyの高品質な宣材写真を撮れる、そのわけとは?

 

RSIA Photographyで宣材写真を撮る場合、ライトプランにしても、プレミアムプランにしても、たっぷりウォーミングアップの時間を設けてあります。

 

10分、20分以内に撮影を終わることはございません。

 

最初の20分~30分は表情の練習や一番よい角度&ポーズ等フォトグラファーさんのアドバイスを受けながらウォーミングアップの時間となります。

 

シャッターのリズムを慣れながら撮り続け、何分か撮ったら一緒にモニターで確認、うまくいけなかったところを改善し、また何分か撮ります。

 

この作業の繰り返しで、最適な表情と撮影角度を見出します。

 

この時間も自信を引き出す大切な時間になります。

 

これはRSIA Photography宣材撮影高品質保証の理由の一つです。

時間を度外視した、丁寧なサービスを提供できたこそ人気の秘密です。

 

 

せっかく時間とお金をかけて撮る宣材写真ですから、今の自分を最大限にアピールできる写真がほしくありませんか。

 

 

 

 

 

キーワード:宣材写真・宣材撮影・撮影スタジオ・撮影ポーズ・フォトグラファー・ウォーミングアップ・撮影表情・コンポジット・プロフィール写真・ビジネスプロフィール・証明写真